コラム

腕時計、広告や記事をきっかけに興味抱く 日経電子版ユーザー、購入時はブランド重視

デジタル

日本経済新聞社は日経電子版のユーザーを対象としたブランド調査を実施しています。このうち腕時計について2022年5月に2147人を実施した調査の結果をご紹介します。

altテキスト

今欲しいと思っている腕時計について、年収600万円以上の読者を対象に「欲しいと思ったきっかけ」を聞いたところ、「記事や広告を読んで興味をもったから」という回答が39.1%で最も高い割合を占めました。「広告のビジュアルの美しさに惹かれたから」との回答も23.6%に達しました。

altテキスト

腕時計を購入する場合の「優先するポイント」を聞いたところ、最も高かったのは「自分のステイタスに合っているかどうか」(23.5%)で、次が「ブランド知名度」(20.5%)でした。

日経電子版の読者が腕時計を選ぶ大きなきっかけとして広告があること、また優先ポイントとしてブランドなどが重視されている様子が分かります。日経電子版を活用したブランド広告が、特に年収の高い層に対しては効果的だと思われます。

キーワード
シェアする
facebook

最新記事

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる