コラム

日経電子版ユーザー、多くは「大企業」の「役職者」 意思決定に深く関与?

デジタル

日本経済新聞社では、日経電子版の読者像を把握するため「日経電子版ユーザー調査」を実施しています。2022年版の結果から、今回はユーザーの企業人としての人となりについてご紹介します。調査は日経電子版ユーザーと非ユーザー2296人を対象に、22年5月に行いました。

勤務先について尋ねたところ「従業員規模1000人以上の大企業」との回答が51.1%に上り、役職では「課長・主任以上の役職者」と答えた人が66.4%と全体の3分の2を占めました。そして「新規ビジネスの立ち上げに関与している」という人が4割弱を数えるなど、多くの人が企業の意思決定に関与していると思われます。

altテキスト

また、社内で「IT(情報技術)製品の導入に関与している」「デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に関与している」と回答した人も、それぞれ4割を超えました。日経電子版の広告を通じて製品やサービスを上手にアピールすることによって、「あの企業が採用したならば我が社でも」という波及効果が期待できるかもしれません。

シェアする
facebook

最新記事

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる