コラム

日経ならではの視点生かす 「Zoom Phone」動画タイアップ制作

デジタル
日経ならではの視点生かす 「Zoom Phone」動画タイアップ制作

日経電子版のタイアップ広告では動画を使った制作事例も増えてきました。文章と写真だけでなく動画を用いて表現することで、読者へのメッセージをより効果的に伝えられるコンテンツになります。今回は、「Zoom Phone」の認知拡大を目的としたZVC JAPAN様のタイアップ動画の制作事例をご紹介します。

日経ならではの視点を生かしたコンテンツ作り

タイアップ動画の制作で鍵となるのは構成案(台本)作りです。構成案は動画のクオリティーを左右する「設計図」のようなもの。日経電子版のタイアップ動画では、長年の広告制作で得られた知見を持った制作スタッフが、クライアントの訴求したいポイントを引き出し、日経ならではの客観的な視点を生かしたビジネス層に伝わる動画コンテンツを構成案作りからお手伝いします。

ZVC JAPAN様のタイアップ動画では、日本経済新聞社の編集経験者がオリエンテーションから参加し、ビジネスパーソンに伝えたいメッセージをくみ取り、構成案を作りました(※)。タイアップ広告の記事の取材執筆も編集経験者が行った事例です。

※状況によって日経の編集経験者が参加できない場合もあります。

クライアントの要望にも柔軟に対応する機動力

通常、タイアップ動画は申し込みから公開まで約3カ月の制作期間が必要としています。とはいえ、企業によって様々な事情や要望があるでしょう。ZVC JAPAN様のタイアップ動画は、申し込みから希望される公開までの期間が約1カ月半でした。

そこで日経電子版タイアップ広告の制作チームは、社内外のリソースを最大限に活用。動画の撮影から編集、校了までの一連の作業をスピーディーに制作できるよう体制を整え、クライアントの要望にも柔軟に対応しました。

シェアする
facebook

最新記事

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる