新聞

IRコミュニケーションの工夫と課題
ロート製薬、当事者の語りで共感広げる

投資家向け広報(IR)の効果を高めるには、自社に合った方法を工夫する必要がある。しかし、優れた取り組みを参考にしたくても、他社のIR担当者と交流する機会は限られ、公表されている情報も少ないのが実情だ。そこで、ここではIRコミュニケーションの工夫や課題について様々な企業の取り組みを紹介していく。今回は、ロート製薬経営企画部経営管理グループマネージャーの加藤大樹氏に話を聞いた。

ロート製薬

現場の思い伝える

オンラインの利用推進

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる