今、若者たちと ~次の10年の話をしよう

貴社も本企画に協賛してみませんか?

貴社トップと、日本の次世代を担う若手との対談で作る企画です

日本経済新聞は朝刊で2021年10月から「今、若者たちと~次の10年の話をしよう」の掲載を始めました。本企画は、貴社のトップと、次世代を担う若手との対談で構成する企画です。 なぜ、日本経済新聞社が貴社のトップと若手との対談で構成する企画したのか、その点について少しご説明させてください。

【過去の掲載事例より】

各画像をクリックすると、各企業のページに遷移します。

「良く在る」へ共に育もう
失敗を恐れずチャレンジしよう
理想掲げ粘り強く歩もう
どんどんヒンシュクを買おう
「正しい成長」へ挑み続けよう
学ぶ・楽しいの好循環を作ろう
世界に目を向け変わり続けよう
道を切り開く意思を持とう
「自分ごと化」の輪広げよう
広く学び「個」で勝負しよう
チャレンジし続け自分の答えを見つけよう
「確かな安心」を未来世代に届けよう
オープンイノベーションで農業の未来を共創しよう
持続可能な社会を皆で一緒につくろう
持続可能な社会を皆で一緒につくろう
「命へありがとう」令和でつなげよう
SXへ、軽快に最先端を進もう
フラット・アジャイルで「社会のために」を感がえよう

変化の時代、自社の存在意義(パーパス)を意識していますか?

COVID-19のまん延、格差の拡大、ロシアのウクライナ侵攻......。ここ数年で企業活動が大きな変化に直面しています。今までのビジネスのやり方が通じなくなった中で、自社の存在意義(パーパス)や、社会に提供する価値は何かということを考える必要に迫られる時代になったといえます。
突然何かしらの制約で今までのビジネスのやり方に変更が迫られる時代では、今までの仕事で培った「自社の存在意義」を踏まえつつ、業種・業界など既存の枠組みにとらわれず柔軟にビジネスを展開する考え方が重要ではないでしょうか。

存在意義(パーパス)には、次世代からの目線も重要

人々の価値観が多様化するいま、ステークホルダーの価値観も多様化しています。若年層はいち早くその変化を先取り、未来に対して責任感をもって行動する人が増えています。こうした若者たちとの対話の場を通して、貴社が掲げるパーパスを広く内外に宣言、発信、社会に貴社の取り組みを発信するお手伝いをさせていただきます。

Z世代の企業の重視点レポートはこちら

Z世代の企業の重視点レポートはこちら

多面的な情報発信で、貴社のパーパスをステークホルダーと共有します

せっかく策定したパーパスも共有されなくては意味がありません。本企画では様々な媒体を利用し、貴社のパーパスを様々なステークホルダーと共有することを目指します。

多面的な情報発信で、貴社のパーパスをステークホルダーと共有します

詳しいご説明を希望の方は、下記フォームから

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる