事例

丸紅
第71回(2022年)日経広告賞「大賞」受賞

新聞
【掲載日】2022年06月15日 【媒体】日本経済新聞 朝刊 【段数】全30段
第71回(2022年)日経広告賞「大賞」受賞

新聞での発信 SNSとつなぐ

  • 丸紅 代表取締役 常務執行役員CFO サステナビリティ推進委員会 委員長(CSDO) 古谷 孝之 氏

若者への認知度をさらに高め、4年前に自社の「在り姿」として打ち出した「Global crossvalue platform」をもっと浸透させたい。大賞に輝いた丸紅の広告づくりは2つのテーマが出発点となった。人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」を舞台に「もしもワンピースの世界に丸紅がいたら」というストーリーで商社の仕事を分かりやすく描き、話題を呼んだ。

在り姿として訴えたのは、「できないことは、みんなでやろう。」。ワンピースの仲間たちがそれぞれの強みを生かしながら大きなゴールを目指す世界観と重ねている。「明日、出航。」というティーザー広告を受けて6月15日に「マルベニー号」の冒険はスタート。海水の淡水化など同社が手掛ける課題解決型の事業をアニメの各場面にうまく落とし込み紹介した。

アニメのコンテンツ力を生かしつつ、SNS(交流サイト)と連動した読者参加型の広告展開をしたことに高い評価が集まった。実際、狙い通りに若者の心を捉えただけでなく、中高年層にも反響が広がったという。

丸紅の古谷常務執行役員は「アニメとのコラボやSNSを活用した広告は当社として新しい挑戦。実際の広告効果に加え、高い評価を頂けたことを大変ありがたく思う」と受賞の喜びを語った。