コロナ禍でも採用予定数は前年並み
学生の内定セレクションを勝ち抜くには

2021.07.07


【本記事の要点】
●2022年卒の就職活動は早期化、複数内々定の学生も多い
●内々定後の情報発信が学生の繋ぎとめに有効
●ステークホルダーへの情報訴求は、採用広報にも効果的

学生の不安払拭には、内々定後の情報発信が重要

ステークホルダーへの訴求こそ、採用広報にも有効


採用広報に関する疑問募集中

採用広報に関する他社の事例、準備期間、効果など、疑問のある方、詳細を知りたいという方は下記フォームよりお問い合わせ下さい。

このサイトではCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
データ収集の設定詳細は「」のリンクからご確認ください。

同意して閉じる